IMG_3633.jpg
IMG_3688.jpg

1967y SHELBY MUSTANG GT500E ELEANOR

まずはこの車両について簡単に説明しよう

説明の長い奴に書かせたら映画より長くなるので私が説明しよう(Zero Japan CEO)

2000年に公開されたニコラス・ケイジ、アンジェリーナ・ジョリーら扮する車窃盗集団が、50台の超高級車と1日で盗むカーアクション映画

60セカンズ(Gone in 60 Seconds)でニコラス・ケイジ演じる(メンフィス)は窃盗から足を洗ったものの弟の命を助ける為、昔の仲間を集め兆高級車を50台集める計画を立てた。49台は色々な問題があったが何とかクリア、そこでメンフィスが最後に盗んだのがエレノア

1967 SHELBY GT500 (通称 エレノア)この車はメンフィスのユニコーン(伝説行の動物で、捕まえる事ができない意味からきており、何時も何か起きいままでに唯一盗む事ができなかった車という意味)であった。結末が知りたい方は是非映画をご覧ください。

この伝説車輌は映画の中で課空の車輌で実際には存在しない物だが、映画公開後もエレノアの熱狂的なファンは世界中に存在した為、このモデルとなった、1967年、1968年マスタンクファストバックは高額で取引された。もちろん現在もその傾向は変わらないというかむしろ驚く値段まで跳ね上がっている。当時 Hot Rod誌よって、市場最も影響力のあるトップ100のうちの1台として引用された映画と映画の車(エレノア)は、車世界に、「非自動車の人々」というまったく新しい人口統計を紹介する事に責任があるという理由から、ヒット映画によって生成された車な「Eleanor」を再作成するために少数お注文の段階的なパッケージタイプのプログラムで「Eleanor」スタイルのマスタングを製造する大企業は数社ありましたが、その中でも最も有名な物がミシガン州グリーンビルにあるジーテックエンジニアリングのジーンノーベル氏によって製造された19台のエレノアだ。この情報を探すまでに私は数年の時間がかかった。当時彼の製造品質への思い、伝説のエレノアへの思想を強く抱く人は少なかっそうだ。外装のみをエレノア風に仕上げ儲け主義に走る人が殆どだったそうだ。

​インスタでスーパーカーブロンディーが(ELEANOR)を紹介し世界中で再び話題となっています。